2012年

6月

26日

fumifumi さんへの手紙

fumifumi さんへの手紙

 

 fumifumi さんへ、

 

 最初はコメントへのレスポンスをするつもりが、僕の悪いクセ(笑い)で、書き出したらいっぱいになって、変更してブログに書き込むことなりました(苦笑中)。

 心配してもらってとってもうれしいのですが、僕にはもうすでに、”公開して自分を追い込む”というところは、通りすぎ去ってしまっていると思えるのです。

 

 「広島大学をめざす」のは、「電動車イスひとり旅」と同様に僕の " 夢 " あり、僕の新しい " 挑戦 " だと思うのです。

 なぜ公開したのか?というと、「電動車イスひとり旅」を終えて「本」を出版して、”やっぱり中田輝義は物書きなんかじゃない、写真屋さんなんだ!”と札幌での出版記念会の場で友人・仲間に宣言して、それで「熊野の郷・雲」のモノクロ写真展に取り組みました。

 それらがみんな一通り終息して中田輝義は、”次にこんなことを挑戦しようとしています”という、近況報告のつもりだったのです。

 

 僕にとって「広島大学をめざす」ことは、決して突飛(トッピ)なことではなくて長年考えていたことであって、中田輝義のこれからの人生にどのような意味があるのか、どんな位置づけなのか、「広島大学総合科学部を志望するの意」を書き込むことで、皆さんに知っておいてほしいかったのです。

 今の僕は、これからどんな出会いが待っているのか、何が起きるか。もし仮に入学出来たとしてもいろいろ困難なことが待ち受けているだろうし、最後まで学業を成し遂げられるか、何の保証もありません。でも ”何かが待っている” という予感もあるのは確かなのです。

 それもこれも含めて、”今日はこんなことがありました” とか、”今日の講義ではこんなことを学びました、目からウロコです!” なんて、悪戦苦闘しながらも愉快に、そして目標に向かって日々生きている姿を、「 terry's campus life 」でお伝えできることに、今から期待でワクワクしているんですよ(笑い)。

 

 繰り返しますが、やっぱり何たって、まず合格しなければお話になりませんよネ、あっはは! いっひひひ! 大笑い!? 

 

 特に受験対策もありません。入試試験当日には僕の日常を正直にさらけ出すだけです。7月8日の「AO入試フェニックス方式説明会」では、その辺り、どれほどの可能性があるか、手応えを探ってみるつもりです。

 

 fumifumi さんへ、

 

 やはり中田輝義は「問題児」ですね。言葉足らずなのも含めて僕の真意はなかなか伝わらないのかも知れません。

 いつも、HP「 terry's room 」づくりに応援していただいてありがとうございます。引き続きのご支援・ご指導をよろしくお願い申し上げます。

 ありがとうございました。

 

terry  拝。

 

記録 & 新着

新春雪景色三つ (土, 03 1月 2015)
>> 続きを読む

フォトギャラリー作品追加

(日, 21 7月 2013)

 

ホームページ完成

(木, 14 6月 2012)

 

ホームページ作成開始

(水, 6 6月 2012)

 

 

 Blog購読
 Blog購読